格安ツアーで失敗しない方法

- 格安ツアーで失敗しないために

更新情報

格安ツアーで失敗しないために


格安ツアーで心配なのはちゃんとした旅行プランになっているかということかもしれません。
そこで確認しておくことがあります。
まず格安ツアーが格安で運営できている理由を確認しましょう。
ツアー会社に安い理由を聞いて、はぐらかすようならそのツアーは怪しいと考えていいでしょう。
航空会社のキャンペーン価格という場合には信頼出来る理由かもしれません。
気をつけて欲しいのは泊まるホテルがキャンペーンで安いということや、ホテルが観光地から遠いから安いという理由です。
こういった理由の場合には自分で確認してみる必要があります。
現地で泊まるであろうホテルを調べてキャンペーンをしていないということもあります。
どういったホテルを利用するのかは確認しておきたいものです。
そういった自分で確認できることは確認して、そのツアーが信頼出来るかどうかを判断しましょう。
安物買いの銭失いにならないように注意が必要です。
もし万が一ツアーの内容に不満がある、内容があまりにもひどいという場合にはその証拠をとっておく必要があります。
写真や動画で構いません。
そういったものを帰ってから旅行会社に伝える必要があります。
現地での行動や添乗員の名前など、自分が参加したツアーが特定できるような証拠も必要です。
ひどい会社はしらばっくれる可能性もあるので、会社からもらった書類等は保管しておきましょう。

じっくりと計画を立てて北海道旅行


そうだ、北海道へ行こう!とある会社を退職し、私は急に旅行に出たくなってしまいました。
本来なら、じっくりと計画を立ててから、ホテルや旅館などの宿泊施設のリサーチや、http://tabikyu.com/で手配など実際に様々な準備をしていかなくてはならないと考えてきたからです。
しかし今回に限っては、函館とか、道央、道東とか。
アバウトに行く先をとらえつつ、後は実際に行きながら風の吹くまま、気の向くままにその土地々々の観光や、グルメを楽しもうと考えることに致しました。
そういう意味では、北海道自体に関しては多少人よりも旅行慣れしているとは言えないこともないのですが、地域そのものの情報をどれだけ知っているのか…という意味ならば、私の場合はそこらの旅行リピーターとは少し違うのかな、という気もしないではありません。
もっとも、ここ数年の話ですが小樽や旭川、支笏湖、天人峡温泉などには過去3回ずつ行ってはいますが、それほど私自身、旅行人であるという実感はないんです。
釧路や礼文、大雪山には、れっきとした観光地として私もまた行きたいと考えています。
それから色々な岬には、また行きたい。
何度も廻ってみたいです。
沖縄島もそうなのですが、行くとなると、航空券など旅費がかなり嵩むので、行く前には事前の十分な計画を立てないと、なかなかに進んでは行きません。
もちろん余市もいいし、増毛はホッケを釣りに数回は行っているし、帯広にはばん馬レース目当てで4回くらい行っています。
稚内も悪くないですよ。
こうして考えると、なんどでもまた行きたい場所って、じつはたくさんあるんだなということに気づかされます。

http://www.travel.co.jp/
格安旅行・ツアーの価格比較・予約情報サイト - トラベル・ジェーピー

http://www.tour.ne.jp/
旅行情報サイト|格安航空券・ツアー検索・比較【トラベルコちゃん】

http://www.his-j.com/Default.aspx
H.I.S. | 海外旅行(海外ツアー・格安航空券)の総合旅行サイト

Copyright(C)2013 格安ツアーで失敗しない方法 All Rights Reserved.